プロフィール | 小野カイル |オーナー・ネイチャーガイド


生まれも育ちもオアフ島、ちゃきちゃきのロコ。

子ども時代からハワイの山で遊び、登山歴は30年以上。高校時代はワンダーフォーゲル部と、ハワイで最も歴史のある山の会、ハワイトレイルアンドマウンテンクラブに所属。大学時代は全米環境保護団体シエラクラブのメンバーになり環境保護活動をはじめる。国立公園での外来種駆除活動や、固有植物を有害動物から守るための柵作りなどのボランティア活動を行う。

アロハアイナエコツアーズのツアーをきっかけに、日本に帰ってから自分たちの環境についてももっと意識するようになってもらいたいと、生物的なガイドだけではなく、ハワイアンの知恵、つまり如何に上手に自然を利用し、自然と調和して生きるかをツアーで伝える努力をしている。会社名「アロハアイナ」には、大地を愛する、地球を愛するという、ハワイアンの自然感と同じ気持ちを持ってもらいたいという願いがこめられている。現在もハワイ環境保護活動を行うと同時に、ツアーの利益の一部を環境保護団体ネイチャーコンサーバンシーハワイ支部へ寄付している。

ハワイ大学修士課程に入った後、奨学金を得て、日本で研究を行う。滞日9年の間、日本企業でサラリーマンとして働く一方、週末は富士山や日本アルプスなど日本の名山を登る。日本研究で修士号を取得後、オフィスワークからフィールドワークへと方向転換、2000年にハワイ初の日本人対応エコツアー会社「アロハアイナエコツアーズ」を設立。ハワイで初めての日本語解説をする本格的エコツアー会社として、ハイキングやネイチャーウォークツアーをはじめ、溶岩ツアー、マウナロア高山トレッキング、潮溜まり探検ツアーなど、これまでにないユニークなツアーを展開。またハワイの自然エキスパートとして、ハワイの自然に関するドキュメンタリーやネイチャー、アウトドア番組のコンサルティング、撮影コーディネーター、時には番組出演者としてハワイの自然の素晴らしさを日本のマスコミに紹介する。最近ではNHK「世界一周!地球に触れるエコ大紀行ーハワイ島編」に出演。(2008年12月)

2007年にはオアフ島の自然を紹介する「PURE OAHU」(文と写真、高砂淳二)の監修を行う。最近行った冒険では、海抜レベルからマウナロア(4169メートル)の山頂へ上り、再び山頂から海抜レベルまで下りるという160キロメートルのルートを踏破。

2008年8月からはハワイの自然の素晴らしさを広く紹介するためハワイの自然をテーマにしたブログをはじめる。

長坂まり子



ネイチャーガイド

藤沢出身。会社員時代に全日本実業団ボードセイリング連盟に所属し、ボードセイリング(ウィンドサーフィン)にはまり、休みが出来るたびにハワイに通う…

続きはこちら

 

AAE-

All images and text (C) Aloha Aina Eco-tours
本ページ内に掲載の文章・写真などの一切の無断転載を禁じます