Archive for the ‘ハワイの鳥’ Category

雨の日の訪問者

日曜日, 2月 16th, 2014


近所に川があるせいか、時々こんな訪問客が。本当はいけないのですが、パンをあげてしまいました。また来たらどうしよう。

マウイ・オーシャンフロント・マラソン(一日目)

火曜日, 1月 29th, 2013

2013年の第五回マウイ・オーシャンフロント・マラソン記念Tシャツとフィニッシャーズ・メダル。シャツはスポーツタイプ。「クームー」という美味しい「王様の魚」がモチーフ。

先週マウイ島に行ってきました。今回の旅は自分への誕生日プレゼントでもあり、初めてのスポーツ旅でもありました。参加したのは42.195キロのマウイ・オーシャンフロント・マラソンです。ハワイには7本のフル・マラソンがありますが、このイベントは年の最初のマラソンです。

クリスピー・クリーム・ドーナツ

マウイ島は本当に久しぶりでした。最後に行ったのは4年ちょっと前で、自分の車で行きました。あの時はスーパーフェリーがまだ航海していました。まだあればいいのになと、今でも残念に思います。(スーパーフェリーの話はここここ

当時クリスピークリームというドーナツの店はまだ新しかったです。店は空港のすぐ近くです。クリスピークリームはマウイ島にしかないので、マウイ島に遊びに行く地元人がそこで大きな箱のドーナツのおみやげをよく買って飛行機に乗っていました。カーボーローディングという名目で、レンタカーを借りてからまずクリスピークリームへ行き、ドーナツを食べながら、マラソン作戦を練ります。レースのためにダイエットしていたので、このおやつはいつもより非常に美味しく感じました。

Kealia Pond National Wildlife Refuge

やはりまずはマラソンコースの下見。スタートはマウイの最も有名なリゾート、ワイレアにあります。そこから、キヘイ、マアラエア、オロワルを通り、ラハイナに終わります。片道コースです。レース名の通り、コースの殆どが海沿いです。

ケアリア池野生生物保護区の木道

コースの下見中に少し寄り道しました。キヘイを出たところに池があり、ここではハワイの水鳥をたいてい一通り、観察することができます。渡り鳥のよいスポットでもあります。ケアリア池は連邦政府が管理している、野鳥の保護区です。長い木道があり、その木道のいろいろなところからバードウォッチングができます。この日はハワイのクロエリセイタカシギがたくさんいました。木道を散歩して、明くる日のマラソンのちょっとした足慣らしになりました。(ケアリア保護区の情報はここ。)

Leoda’s Kitchen and Pie Shop

マラソン・レースというのは大体スタートが朝早いです。体をスタート時間にならすため、一週間前から早寝、早起き(4時)の生活を送りました。バードウォッチング後、まだ午前11時になっていないのにお腹がぐーぐー。レースコースにあるオロワルという地区のレオダズ(Leoda’s)というレストランでお昼を食べることにしました。早めの昼だったので、並ばなかったし、料理もすぐでました。食べ終わったころは店は混んで来ました。やはり、早起きは三文の徳ですね。

レオダズのインテリアー

レオダスの内装。カジュアルだけど,シックで素敵な店内。

今アメリカで「トップシェフ」というテレビシリーズが大人気です。いろいろなシェッフが料理の腕を競うという番組ですが、今のシーズンのコンテスタントの一人、シェルドン君がハワイ出身です。Leoda’sで食べてからわかったのですが、この店はシェルドン君が働いているレストランの一つです。マグロのたたきのサンド、美味しかったです。彼のお気に入りサンドだそうです。番組の構成では最後に一人だけのシェフが生き残り、トップシェフになります。シェルドン、頑張れ!

まぐろたたきサンドとニンニクアイオリ付きのポテト。

デザート・・・ どれにしようか、悩みますね。

バナナ・クリーム・パイ。ここの名物らしいです。

Leoda’sはパイ専門の店でもあります。特にバナナ・クリーム・パイが有名らしいです。サンドイッチでけっこうお腹が一杯になりましたが、マラソンのためのカーボーローディングだと思い、パイもいただきました。ここへ行ったら絶対食べてみてください!

ゼッケンをもらうのはPioneer Innの一階。

やっとフィニッシュになるラハイナの町に辿り着きました。活気がありますね。街路が観光客にあふれています。ラハイナの最も歴ある宿はパイアニアー・インです。1901年築です。ゼッケンはこのホテルの一階で受け取ります。

このレースはいろいろなイベントがあります。5キロ、10キロ、15キロ、ハーフ、フルマラソン、そして、フルマラソンのアーリースタートが同時です。アーリー・スタート・フルは面白いです。6時間以降かかるだろうという人はアーリー・スタートが勧められます。フルのフルマラソンは午前5時半スタートですが、アーリー・スタートは午前4時半です。なるほど。

レースのオーガナイザーがシャトルバスを用意しています。レースの前と後にフィニッシュからスタートに行くスクールバスが何本かでます。マウイへ旅する人は殆ど皆レンタカーを借りますが、レンタカーをスタートまたはフィニッシュにある駐車場に止め、シャトルバスを利用することができます。僕はサポートチーム(妻)がいたので、フィニッシュに迎えにきてもらいました。

ワイレア・マリオットから見た夕日。

ワイレア・マリオットがマラソン参加者に特別レートを提供しているので、宿泊はそこにしました。特別レートとは言え、やはり、リゾートですので高い。他島へ行く時は大体テントか山小屋ですが、たまにリゾート生活を味わうのもいいですね。この宿泊の選択はサポートチームへのお礼でもあります。場所的にはとてもいいホテルです。ビーチが近くにあり、マラソンのスタートまで歩いて12分です。

次の日が早いのでホテルのレストランで食べることにしました。ワイレア・マーラ(Wailea Mala)という店ですが、レストランから見る景色はやはり抜群です。が、ラハイナにある本店の方が美味しかったです。(2008年の時に食べました。)ワイレア・マーラの前菜はよかったけど・・・ とにかく、パエリアだけは頼まないほうがいいですよ。

続く

最北端ツアー アザラシの親子

日曜日, 9月 16th, 2012

渡り鳥のアケケ(キョウジョシギ)。

今週も、リピーターのTご夫妻をチャーターツアーでオアフ島の最北端へ御案内しました。今度は重たい一眼レフと三脚を持って、写真を沢山撮ってきました。Tさんも写真が好きでよかったです。(お待たせすぎたことがありましたらごめんなさい!) 最北端へ行くのが目的ですが、やはり道中も楽しいですね。まず、アケケを見つけました。(上の写真)先月、アラスカからハワイに帰ってきました。すごい長旅です。アラスカで繁殖する鳥ですが、この写真ではまだ繁殖期の羽根になっています。海岸で小さいカニなどを探して食べます。

ウリリ(メリケンキアシシギ)

次にウリリに出会いました。ハワイ音楽の歌やフラのチャントにも登場する鳥です。特徴が黄色い足です。この鳥もハワイに帰ってかたばかりの渡り鳥です。飛び立つと「ウリリ!」と泣きます。

モンクシールの赤ちゃん!

そして、赤ちゃんのモンクシールとお母さん。やはり、母性本能で赤ちゃんを積極的に守りますので、普通より離れて観察しないといけません。大きな音も立ててはいけません。親子に気づかれないように木の中から見ます。カメラのレンズは450mmというテレフォトですので、こんなにアップで撮れました。 地球には2種類のモンクシールしか残っていません。地中海のものとこのハワイ諸島のモンクシールです。両種類とも毎年個体数が経る一方ですので、この赤ちゃん生後3週間も立派に成長してほしいです。 楽しいハイキングでした。Tさん、Aさん、御案内させていただきありがとうございました。また来年!

結構長く観察しましたが、殆どお母さんのオッパイを吸っていました。

そして、ごろごろして、砂だらけになったり、

あくびをしたり、していました。

飽きたら、お母さんに「泳ごうよ」と促して、

親子でちょっと水泳。

最北端の手前にも別のモンクシールがいました。