Archive for the ‘ハワイのニュース’ Category

HURT 100 2014年

水曜日, 1月 22nd, 2014

1月18日〜19日の間にハワイで最も過酷なマラソンがオアフ島のコオラウ山脈奥で行われました。レース名はハート100です。100と言うのはマイルの数字ですが、キロメートルでいうと何と160キロです。山道を走る超長距離レースです。しかも、その高低差を全部足すと7500Mぐらいのアップダウンになります。時間制限が36時間です。レースコースが自然保護区の中ですので、参加人数が130人まで制限されています。(AAEのジャングルハイキングツアーとマノア滝ハイキングツアーに利用している山道がレースコースの一部。)リタイヤ率がいつも高いコースですが、今年は何と50%ぐらいでした。日本人のランナー6人が参加しました。その内、4人が無事に完走しました。

32キロのコースを5周走ります。大抵のランナーが3周まで走ったのですが、今年はちょっと暑かったか、その時点でリタイヤするランナーが多かったです。一周目の様子とフィニッシュの様子を見にいって、少し写真を撮りました。

完走/未完走関係なく、参加されたランナーに対して尊敬、そして大いに感動しました。皆様、おめでとうございます。そしてお疲れさまでした!

[ハート(HURT)というのは頭文字でHAWAII ULTRA RUNNING TEAMを意味します。地元のトレイルランニングの会ですが、その会が主催するレースです。]

優勝したGary Robbins。21時間34分(去年も優勝しました。)

2位のTimo Meyer。22時間34分。

3位のAlex Nunn。22時間50分。

日本人ランナーの中、最初にフィニッシュに辿り着いたイハラ・トモカズさん。全体の7位で、26時間2分です。今回は2度目の完走。

9位のナカツキ・ユウキさん。2番目の日本人です。彼も2度目の完走。26時間32分。

10位のGina Slabyさん。(手前)女性の一位です。(このレースでは男女別、年代別の章はないそうです。)後ろにご主人さんだと思われるSteve Slabyが11位。やはり、レディーズファーストですね。Ginaは米国のトップ・トレイル・ランナーの一人だそうです。27時間6分で完走しました。

18位のヤマモト・ゴウさん。3人目の日本人。30時間50分。

去年フィニッシュ寸前にリタイヤーされたタテノ・ヒサユキさん。今年はリベンジで、35時間38分で完走!時間の制限が36時間で、ぎりぎりセーフでした。おめでとうございます。4人目で最後の日本人ランナー。

ヌウアヌ川を徒渉するシン・ヒロアキさん。残念ながらDNF(リタイヤ)でした。

HURT100史上、初めての日本人女性ランナーだと思われるジョウ・ヨシコさん。ウルトラのベテラン(100マイルレースは9回も完走)ですが、今回は残念ながらDNFでした。やはり、HURT100はウルトラレースの中でも過酷なものです。

XTERRA 2013 Kualoa Ranch

日曜日, 11月 24th, 2013

今日は、クアロアランチで、XTERRA トレールランワールドチャンピオンシップレースを走りました。これまで10Kを3回、 21K (ハーフマラソン)は今年で2回目です。

クアロアパーク。9時がスタートですが、渋滞を避けて早めに到着。

クアロアでも何回も優勝しているプロランナー、マックスキング。今年は残念、3位。しかし、速いなー。

10キロのスタート

5K。子供たちも走ります。

どんどん山に吸い込まれて行くランナー集団。

まりこさん、10Kお疲れさま!

ハーフは、高低差がきつくて、やはり大変!もうすぐゴールというところ。

シャカできる余裕があった。

終わった終わった。お疲れ。

天気にも恵まれ、それほど蒸し暑くもなく良いラン日和でした。

さらばスーパーフェリー(2/2)

金曜日, 5月 22nd, 2009

 

自分の車を持っていけるのがスーパーフェリーの利点の一つ。4WDで、マウイ島ハレアカラの山奥を楽しみました。(ハレアカラのスカイラントレイルにて)

自分の車を持っていけるのがスーパーフェリーの利点の一つ。4WDで、マウイ島ハレアカラの山奥を楽しみました。(ハレアカラのスカイラントレイルにて)

 

スーパーフェリーはホノルル マウイ島、ホノルル カウアイ島、ホノルル ハワイ島という就航が予定されていましたが、結局実現できたのはホノルルとマウイ間のサービスだけでした。裁判が続く中、今がチャンスと一泊だけのマウイ島キャンプ旅行をしてきました。土曜日の出航は暗いうちでした。港は家から10分もかからないので便利でした。食べ物から飲み物、キャンプ道具など、必要なものを全部車に詰め込めばいいだけなので、飛行機の旅に比べて荷造りが非常に楽でした。

 

07-geranium1

マウイ島の固有種のゼラニウム。ハワイ語:ノホアヌ。学名:Geranium multiflorum。先割れスプーンのような葉が特徴です。(マウイ島、ハレアカラにて)

 

ハレアカラのキャンプ場で、ハワイ固有種の研究をしているハワイ大学植物学のクラスと一緒になりました。彼らも同じスーパーフェリーで来ていました。先生がハワイ大学の15人乗りのバンを運転していました。このような研究グループや車椅子の人たちにとっては車ごと島間を渡れるフェリーは非常に便利でした。

 

08-iliahi

マウイ島固有種の白檀。ハワイ語でイリアヒと言います。白檀について書いた以前のブログはこの写真をクリックしてください。(マウイ島、ハレアカラにて)

 

09-skyline

久しぶりにスカイライントレイルを登りました。トレイルの大部分は四輪で走れます。トレイルのこの辺りは森林限界で、植物はほとんどなく赤い火山灰に覆われています。(ハレアカラ山頂手前のスカイライントレイルにて)

 

山から下りた後は、カフルイにある洗車所にいって車についた泥や汚れを丁寧に洗います。外来種を持ち込まないためです。スーパーフェリー側もこの点は大変厳しく、汚れた車は引き返して洗車してこないと乗船できないようになっていました。

乗船はフェリーからホノルルから来た車と入れ替えです。フェリーから下りてくる車を見ると資材や道具を積んでいる地元マウイの業者トラックが多いことに気がつきました。これまでちょっとしたものでも船の輸送に頼らなければならなかったのが、こうして気軽に自分達でホノルルまで調達できるようになったのですから、ネイバーアイランドの業者の人たちにとってもフェリーは便利なものだったのでしょう。

賛否両論、いろいろありましたがハワイの自然を楽しむという観点からもスーパーフェリーはあって良かったと思うのですが、本当に残念です。


さらばスーパーフェリー!