Archive for 3月, 2009

ケオルヒルズ

火曜日, 3月 31st, 2009

 

カイルアにあるケオルヒルズに登りました。途中、手前にエンチャンテッドレイク、奥にコオラウ山脈の断崖絶壁が見渡せる大きな岩の上にたくさんのレイが供えられていました。

ここが特別な場所なのかどうかはわかりませんが、雲間からのレンブラント光線の効果もあって、とても荘厳な光景でした。

ケオルヒルズの上から見たワイマナロビーチ

ケオルヒルズの上から見たワイマナロビーチ

サンライズトレッキングツアーリポート

木曜日, 3月 26th, 2009

 

意外にも雲が多い日の方が面白いサンライズが見られます

意外にも雲が多い日の方が面白いサンライズが見られます

 

先日のサンライズトレッキングツアーはちょっと曇りがちでしたが、太陽がちょうど雲の隙間に昇り海からのサンライズを見ることができました。朝日を浴びるのは体にいいとか。

今回のサンライズトレッキングツアーは中級コースでした。オアフ島の最東部にあるプウマイにちょっと登ると、眼下にカイヴィ海岸が広がります。この海岸はオアフ島では珍しく開発の手が全く入っていません。1970年代にリゾート開発の企画がありましたが、地元の自然保護団体が裁判を起こし、画期的な判決でその開発を止めました。私たち人間にはこうしたオープンスペースが必要だと誰もいないこの山から海岸を見下ろしながら、その思いを強めました。


 

海岸で夜釣りしている男(バンブーリッジにて)

海岸で夜釣りしている男(バンブーリッジにて)

 

 

だんだん明るくなってくると、もう一人早いスタートしている人が見えてきました。山の麓には釣り場があります。彼は前夜から釣りをしていたようです。あの辺りはバンブーリッジ、つまり「竹の尾根」と言われているところです。竹製の釣り竿が一般的だった時代に特に週末に人がたくさんここで釣りをして、その様子がまるで竹が茂っている尾根のように見えたことから名付けられました。(因みにハワイにも竹林があります。)高波がよく上がる危険なスポットで多くの犠牲者を出しているとことでもあります。


 

キャプションウルアのステッカー

キャプションウルアのステッカー

 

 

山から下山した後、その釣り人のトラックを見ました。町を走っているとよく、このような釣りキチのピックアップトラックに、魚のステッカーが貼ってあるのをよく見ます。危険な釣り場で命がけの釣りで狙うのがこの魚、ハワイ語でウルアと言います。アジの仲間ですが大きいものでは100キロ近くにもなります。今日、大物は釣れたでしょうか?

今度はクジャク・デー

月曜日, 3月 23rd, 2009

先日の考古学&ネイチャーサイトツアーでのことです。
ココクレーター植物園で沢山の孔雀たちが私達を出迎えてくれました。
KOKO1

以前からココクレーター植物園近辺には野生の孔雀がいたのですが、最近子供が産まれたようで、先日は数えたら全部で14匹も!植物園のセキュリティの方が餌付けしてるらしく、私たちがツアーでこちらを訪れると彼がいつも孔雀たちを呼んでくれるのです。

KOKO2

KOKO3

春が近づき、ココクレーター植物園のプルメリアも沢山咲き始めてきています。プルメリアに加えて孔雀たち、こちらもこれからのツアーのお楽しみになりそうです。

KOKO4