Archive for 5月, 2009

さらばスーパーフェリー(2/2)

金曜日, 5月 22nd, 2009

 

自分の車を持っていけるのがスーパーフェリーの利点の一つ。4WDで、マウイ島ハレアカラの山奥を楽しみました。(ハレアカラのスカイラントレイルにて)

自分の車を持っていけるのがスーパーフェリーの利点の一つ。4WDで、マウイ島ハレアカラの山奥を楽しみました。(ハレアカラのスカイラントレイルにて)

 

スーパーフェリーはホノルル マウイ島、ホノルル カウアイ島、ホノルル ハワイ島という就航が予定されていましたが、結局実現できたのはホノルルとマウイ間のサービスだけでした。裁判が続く中、今がチャンスと一泊だけのマウイ島キャンプ旅行をしてきました。土曜日の出航は暗いうちでした。港は家から10分もかからないので便利でした。食べ物から飲み物、キャンプ道具など、必要なものを全部車に詰め込めばいいだけなので、飛行機の旅に比べて荷造りが非常に楽でした。

 

07-geranium1

マウイ島の固有種のゼラニウム。ハワイ語:ノホアヌ。学名:Geranium multiflorum。先割れスプーンのような葉が特徴です。(マウイ島、ハレアカラにて)

 

ハレアカラのキャンプ場で、ハワイ固有種の研究をしているハワイ大学植物学のクラスと一緒になりました。彼らも同じスーパーフェリーで来ていました。先生がハワイ大学の15人乗りのバンを運転していました。このような研究グループや車椅子の人たちにとっては車ごと島間を渡れるフェリーは非常に便利でした。

 

08-iliahi

マウイ島固有種の白檀。ハワイ語でイリアヒと言います。白檀について書いた以前のブログはこの写真をクリックしてください。(マウイ島、ハレアカラにて)

 

09-skyline

久しぶりにスカイライントレイルを登りました。トレイルの大部分は四輪で走れます。トレイルのこの辺りは森林限界で、植物はほとんどなく赤い火山灰に覆われています。(ハレアカラ山頂手前のスカイライントレイルにて)

 

山から下りた後は、カフルイにある洗車所にいって車についた泥や汚れを丁寧に洗います。外来種を持ち込まないためです。スーパーフェリー側もこの点は大変厳しく、汚れた車は引き返して洗車してこないと乗船できないようになっていました。

乗船はフェリーからホノルルから来た車と入れ替えです。フェリーから下りてくる車を見ると資材や道具を積んでいる地元マウイの業者トラックが多いことに気がつきました。これまでちょっとしたものでも船の輸送に頼らなければならなかったのが、こうして気軽に自分達でホノルルまで調達できるようになったのですから、ネイバーアイランドの業者の人たちにとってもフェリーは便利なものだったのでしょう。

賛否両論、いろいろありましたがハワイの自然を楽しむという観点からもスーパーフェリーはあって良かったと思うのですが、本当に残念です。


さらばスーパーフェリー!

さらばスーパーフェリー(1/2)

水曜日, 5月 20th, 2009
01-isana

乗客8百人、車台数300台を運べるスーパーフェリー。ハワイアンアウトリガーカヌーを思わせる総船体設計のアラカイ号。(おはようダイヤモンドヘッドツアーにて)

 

「スーパーフェリーの器材・グッズが競売に」土曜日の朝刊の見出しです。

ハワイの島間を車と人を運ぶ高速フェリーが運行していたことをご存知の方も多いと思います。この「スーパーフェリー」が今年の3月、営業停止となり廃業しました。

スーパーフェリーは長い裁判の末、環境保護団体の反対派に負け、裁判で営業停止命令が出ました。スーパーフェリー側は最高裁判所に上告、しかし訴えは退けられました。先月、スーパーフェリー第一号「アラカイ」(海への道)はアラバマ州にある造船所に戻りました。この造船所には就航すらできなかった「フアカイ号」があるところです。スーパーフェリーのハワイからの完全な撤退作業の一つがこの競売です。

 

02-boarding

ホノルル湾のスーパーフェリー乗り場

 

大きな「開発」を行う前には、その開発が環境にどのような影響があるのかを調査することが法律で決められています。その調査をまとめて「環境影響報告書」を提出し、それを叩き台にその開発の是非を議論して許可を出すか否や決めるわけですが、このスーパーフェリーの場合、ハワイ州がスーパーフェリー就航は「開発」に当てはまらないとし、財政的にも州が大きくサポートしました。ところがいざ就航という時にシエラクラブなどの環境保護団体(噂ではスーパーフェリーのライバルとなる郵船会社や航空会社が反対に加わっていたそう)を中心にスーパーフェリーは十分「開発」に該当し環境にも影響大だと訴え、結局スーパーフェリー側が敗訴したわけです。「環境影響報告書」に必要な調査には一年以上かかり、提出したとしても必ずしも営業が再開できるとも限らず、結局スーパーフェリー側はハワイでの営業をあきらめたのです。

 

03-interior

スーパーフェリーのゆったりした船内。食堂やバーも完備

 

スーパーフェリーの是非をめぐって色々な意見がありますが、必ずしも環境保護家がみんな反対しているわけではありませんでした。シエラクラブの中でも反対派と賛成派に分かれ、賛成派がメンバーシップを解約したという話もクラブの幹部から聞いています。僕は大学時代からこの環境保護団体のメンバーですが、スーパーフェリーに関しては反対派に同意していません。議論の是非や裁判の細かいいきさつは、ネットなどで色々読むことができますが、僕としてはハワイに島間のフェリーサービスがあってもいいと思っています。

 

04-superferry

スーパーフェリー船尾からの景色は最高でした

 

結局一度しか利用したことがありませんでしたが、飛行機とは違う利点も多かったですし、ハワイの自然環境への害があるという説もそれほど説得力がないように思えました。

 

05-bags

船内には船酔いした場合の袋や船酔いの薬が用意されていました。幸いスーパーフェリーに乗った昨年10月の海は穏やかで船酔いはしませんでした。

 

次回はスーパーフェリー旅行の様子です。

ブルーマーブルとラピスラズリ

月曜日, 5月 18th, 2009

マノア滝トレイルの入り口にあるブルーマーブルの木、今沢山ブルーの実が落ちていてキレイです。

http://alohaainae.exblog.jp/9429946/

たわわに実が生っています。

たわわに実が生っています。

 

同じブルーの色をしています。

同じブルーの色をしています。

私が手にとってお話をすると、たまにお客様に「そのブレスレットはブルーマーブルで作ったんですか?」と聞かれることがあります(大きさはだいぶ違いますが)。確かに同じブルーの色ですね。
残念ながらブルーマーブルのブルーは、そのままのキレイな色にもたせることは出来ませんが、中の種をビーズのように使うことは出来ます。今度はブルーマーブルの種でブレスレットを作ってみようかな。