Archive for 12月 21st, 2009

おへそに黴菌?/ハワイ固有種コーピコ

月曜日, 12月 21st, 2009

小さくて白いコーピコの花(ジャングルハイキングツアーにて)

小さくて白いコーピコの花(ジャングルハイキングツアーにて)

ジャングルハイキングツアーでよく見かける固有種の一つがコーピコです。「ピコ」とうのは「おへそ」という意味です。葉の裏には「おへそ」がたくさんついています。

コーピコの実は橙色(ジャングルハイキングツアーにて)

コーピコの実は橙色(ジャングルハイキングツアーにて)

葉の中心にある葉脈に丸い凹みがたくさんあります。ハワイアンがその凹みをおへそに例えました。ちなみに有名なビーチウエアブランドにも「ピコ」というのがありますね。

コーピコの葉の裏。葉脈と横の葉脈が繋がっているところにおへそがあります。

コーピコの葉の裏。葉脈と横の葉脈が繋がっているところにおへそがあります。

生物には窒素が必要です。コーピコのおへそには空気から窒素を取り入れる黴菌が生えています。人間の場合、おへそに黴菌が生えたら大変ですがコーピコの場合は大切な役目を果たしています。

コーピコとコーヒーは仲間です。左がコーピコの実と中の種、右側はコーヒーの実と種です。種の形がとても似ています。

コーピコとコーヒーは仲間です。左がコーピコの実と中の種、右側はコーヒーの実と種です。種の形がとても似ています。

コーピコはコーヒーの遠い仲間でもあります。コーピコはハワイの熱帯雨林でよく見かける植物です。ハワイには11種類の固有のものがあるそうです。学名はPsychotria spp.です。