Archive for 1月, 2010

オレンジムーン/お月見ハイキングツアーリポート

日曜日, 1月 31st, 2010

月の出予定時間より15分ほど遅れて、雲の裏から昇ったオレンジ色の月。

今年初の満月はオレンジ色の月、オレンジムーンでした。普通、月が昇っていくうちに少しずつ色は白くなっていきますが、今回は結構昇っても色は変わりませんでした。おそらく残っていたヴォッグの影響なのではないかと思います。

双眼鏡で月を見るHさん。「火口が見える!」

今週は何本もの寒冷前線がハワイ諸島を通り、この日の午前中にはかなりの量の雨が降りましたが、月の出をちゃんと見ることができました。皆さんに喜んでいただけて良かったです。次のお月見ハイキングツアーは2月28日です。

夕日がマオの花を浴びて、きれいに咲いていました。

水中で昼寝

木曜日, 1月 28th, 2010

水死体ではありません。モンクシールが水中で昼寝中。(カエナ岬にて)

先日カエナ岬に行きました。ハワイ固有種の熱帯アザラシであるモンクシールが1頭潮溜まりの側に寝ているなあと眺めていたら、水の中から別のモンクシールの鼻が出てきました。水中にもう1頭いたとは全然気付きませんでした。

潮溜まりの中からモンクシールの鼻だけが出てきて、暫く息つぎをし、また水の中へ消えていきました。

暑い日だったせいか、体のほとんどを水の中に沈めています。息を止めながら寝るなんて、すごい技ですね。

2匹のモンクシールが隣り合って寝ていました。

一昨年、同じカエナ岬で、同じような様子のモンクシールを見ました。その時は頭だけを潮溜まりに入れて寝ていました。体は仰向け、首が変なふうに曲がっていて最初見た時は「死んでいるのか!?」と目を疑いました。数分待って見ていたら、鼻だけを出して、息つぎをし、また頭を水の中へ。これを数十分繰り返して寝ていました。息をする間隔は大体3〜5分毎でした。あの日も確かに暑かったので、暑い時は頭を冷やして寝るのが気持ちがいいのでしょうか?

仰向けで、頭だけ水の中に入れて寝るモンクシール。ちょっと笑える図。しかし何と言う肺活量!

数分ごとに鼻を出して、息を吸う。これをずっと繰り返していました。

昨年、雑誌「ダイバー」月刊1月号特集「山田純大が巡るワイルドオアフ」でマノア滝ハイキングツアーとジャングルハイキングツアーを案内させていただきました。全ての取材が終わった打ち上げパーティーの席で、モンクシールの話になりました。カメラマンの高砂淳二さんと山田純大さんが取材中Koko Headにあるスピッティングケーブという海の洞窟に潜った時、その洞窟の中でモンクシール2匹が寝ていたそうです。モンクちゃんはいろいろなところで寝るのですね。

これが普通の寝方ですよねえ。

ホリデイキャンペーンクイズ当選者R.Kさんからのお便り

水曜日, 1月 27th, 2010

ホリデイキャンペーンクイズ当選者のR.Kさんよりメールをいただきましたのでご紹介します。

Tシャツ、届きました。ありがとうございました。襟のデザインも袖も長さも気に入っています。

生地はサラサラしていて、着心地も最高です。今年は、これを着てハワイの山の中をトレッキングできたらいいなと思っています。その時はどうぞよろしくお願いいたします。

では、次回お会いするまでお元気で。

お似合いですね。お便りありがとうございました!