Archive for 5月 2nd, 2010

マナゴホテル

日曜日, 5月 2nd, 2010

ハワイ島のキャプテンクックという町にあるマナゴホテル(創設1917年)

広く贅沢に飾られた部屋。ジャグジー付きのバス。洗練されたフランス料理。ハワイの高級リゾート気分を楽しみたい場合はマナゴホテルはおススメしません。

マナゴに初めて泊まったのは5年ほど前でした。それまで、ずっとフィリピン人のホテルだと思っていました。何故か「マナゴ」がフィリピン語に聞こえました。実はマナゴは日本語名でした。マナゴホテルは1917年にマナゴ・キンゾウ、オサメ夫婦がはじめたホテルです。彼らはハワイに移民した一世です。彼らの経営方針は素朴、清潔、安い部屋を提供することです。その方針は今も変わっていません。創業当時、観光業というものはハワイでそれほど発達していませんでした。特にマナゴのあるキャプテンクックの町(南コナ)では当時、多くの労働者が耕地で働いていました。マナゴホテルはそんな地元の労働者をターゲットにした民宿のようなホテルだったわけです。今でも地元のマーケットをターゲットしていますが、アメリカ本土やたまには日本からの泊まり客も見かけます。

マナゴホテルの廊下を歩くと昔のハワイにタイムスリップするかのようです。

ホテルに一歩入ると「超レトロ!」というコメントしたくなりますが、レトロではなく、本当にそのまま古いホテルを長い年月を隔てて丁寧に使われていて、今も現役だということです。歴的建造物のリストに加えてもいいぐらいです。フロントに入ると宿帳があり名前を書き込みます。このフロントも使いこまれた木のカウンターです。マナゴに泊まるというのは昔のハワイにタイムスリップすると同じです。初めて泊まった時でも懐かしい感じがしました。

マナゴホテルレストランの営業時間。月曜日は定休日。レストランというより食堂という雰囲気です。ビーチサンダルはもちろんOKです。

メニューは壁に張ってあります。

AAEの7回目の社員旅行でマナゴホテルに3泊をしました。部屋はとても素朴ですが、以前の社員旅行は全てテントや山小屋ばかりだったのでマナゴホテルはスタッフにもとても好評でした。高級感を求めない方、ハワイ島に西側を冒険したい方には、マナゴはおススメします。ホテルからいいスノーケルスポットでもあるカアヴァロア(ケアラケクア湾)にトレッキングができます。僕が最も好きな植物園の一つ、エーミーグリーンウェル植物園はホテルのすぐ向かいにあります。コーヒー農園も歩いて訪れることもできます。マナゴは426mの標高にあり、ここはまさにコナコーヒーの生産地のど真中。ハワイアン先住民の遺跡や文化を学べるプウオホウナウナウは車ですぐ近くです。

新館3階の部屋のラナイから見える景色。真下にホテルの野菜/果樹園があります。

マナゴには64部屋があるそうです。その和室は一室あります。畳はちょっと古いですが、雰囲気のある部屋です。この部屋にだけ日本風呂も付いています。この部屋には創業者夫婦の名前がついています。掃除しているところを特別に覗かせてもらいましたが、すごい!昭和を通り超して、明治・大正時代の作家がお忍びで宿泊しているかのような雰囲気です!

マナゴのサイトにも書いてあるようにどの部屋でも全くシンプルです。ベッドとドレッサー、椅子と小さなテーブルのみ、あとはテレビも電話もありません。(公衆電話はホテルにあります。)一番安い部屋は一泊$33です。(シャワーは共同。)人気のある部屋は新館の3階です。エレベーターはありませんが、3階は静かですし、景色もいいです。ケアラケクア湾の他、マナゴのレストラン食事で出される野菜や果物を作っている畑が見下ろせます。

旧館と新館をつなぐ廊下。どこか日本の昔のごちゃごちゃした風景のよう?

マナゴホテルは、レストランも有名です。マナゴといえば名物料理ポークチョップです。ポークチョップは普通フライパンで焼くものですが、ここは揚げていると思います。アクレ(鯵の一種)も有名です。大根おろしさえだしてくれればなーといつも思うのですが。メニューはどの料理でも安くてボリューム満点です。注文するとまず日替わりのおかずの大皿が3種類と、どんぶりに大盛りのごはんが出てきます。それをみんなでとりわける「ローカル」スタイルです。

マナゴの名物ポークチョップとアクレ定食。日替わりのおかず。

ワイキキのホテルで見かける地元人はホテルのスタッフばかりですが、ここマナゴでは泊まり客になります。レストランも近所の常連さんで朝も夜も毎日賑わっています。朝ごはんを2回食べましたが、同じ面子が同じテーブルに座っていました。地元の暮らしぶりを体験してみたい方はマナゴホテルはいいですよ。

マナゴは今も変わらぬ家族経営のホテルです。電話で予約を入れた際、予約を受け付けてくれた人の名前を尋ねたら「ドワイト・マナゴです」。オーナーでした!予約はインターネットからでもできます。マナゴのサイトはこちらへどうぞ。