Archive for 10月 6th, 2010

Uliliが帰ってきています

水曜日, 10月 6th, 2010

ウリリが飛び立つ時「ウリリ!」と鳴きます。ウリリは日本語でメリケンキアシシギ。

最近「考古学&ネイチャーサイトツアー」と「バードウォッチングツアー」で行く海辺でウリリをよく見かけるようになりました。この渡り鳥は大体8月終わりには繁殖地であるアラスカ・シベリアからハワイに帰ってきています。ウリリはハワイアンソングでもよく歌われている鳥です。Ulili eという歌はこの鳥のことを描写しています。亡きミュージシャンIZのカバーが特に好きです。ウリリ達は翌年の4月ごろまでハワイに滞在します。ウリリについては以前のブログをここへどうぞ。

ウリリがハワイからアラスカへ飛び立つ前には繁殖期の羽が生えてきます。胸当たりが縞模様になります。トップの写真は普通の羽、この下二枚の写真は繁殖期の羽です。この繁殖期の羽の写真は今年の4月の半ばごろにクアロアビーチパークで撮りました。

これは繁殖期の羽です。生え変わってからアラスカに飛び、向こうで繁殖します。繁殖が終わったら、アラスカの寒い冬を避けてハワイで過ごします。頭のいい鳥ですね。

5千キロほどアラスカまで飛ばないと行けないので体力を備えるためにもハワイを立つ前にたくさんカニなどを食べます。ですので、飛び立つ4月の時期のウリリは太めです。この時期にハワイアン先住民はウリリを獲って食べていたそうです。一番美味しい時期なわけですね。日本でも昔はシギ料理があったようです。

斑模様の繁殖期の羽がこの写真でもはっきりわかります。写真は今年の4月の半ばで撮ったものですが、このすぐ後にアラスカに飛び立ったでしょう。