Archive for 10月 13th, 2010

マウンテンアップルの初物

水曜日, 10月 13th, 2010

マノアで、初物のマウンテンアップル!

昨日やっとマノア滝ハイキングツアーでマウンテンアップルの初物を採り、食べることができました。

マノア滝ハイキングツアーの楽しみの一つがこのマウンテンアップルです。夏の半ばから9月ぐらいまで毎日のようにとれるのでツアーメンンバーと一緒に楽しみます。しかし、今年は天候不順のせいか、例年とうってかわって一つも見かけない夏でした。(今年の天候不順についてはここ。)今年はマウンテンアップルの花が早めに咲いたのに、実がならず、さらに花がまだ2度目に咲くという珍しいこともあり、今やっと実がなっています。これから、せめて一ヶ月はマウンテンアップルがあるかと思うと嬉しいです。

マノア渓谷奥の熱帯雨林はマウンテンアップルがまさに好む環境です。赤い皮はリンゴのようですが(名前の由来もここから)果肉は梨のような歯触りです。ジューシーな味わいがハイキング中のとっておきの楽しみです。

マウンテンアップルのハワイ語名はオーヒアアイ。「アイ」は食べるという意味です。ハワイ固有種のオーヒアレフアの遠い仲間です。オーヒアアイとオーヒアレフアの比較写真はここをどうぞ。マウンテンアップルの木はハワイアンの先祖によってハワイに導入された植物です。そのまま食べたり、スライスしてドライフルーツにしたり、幹でティキ(神様の彫刻)を掘ったり、小屋の柱にも使っていたそうです。

マウンテンアップルの実は皮が薄く傷みやすいので、あまり商品として店頭に並ぶことはありませんが、時々ファーマーズマーケットやチャイナタウンで売っています。

これからマノア滝ハイキングツアーに参加される方、どうぞご期待ください!