Archive for 10月 21st, 2010

ハロウィーンにはやっぱり巨大クモ

木曜日, 10月 21st, 2010

ハロウィーンの飾り、ではなく、本物のクモの巣です。(ジャングルハイキングツアーにて)

ハロウィーンがもうそろそろやってきます。ホノルル市内の住宅では、家の玄関やラナイをハロウィーンオーナメントで飾っている家も多いです。定番の飾りはやはり、巨大クモ!

ハワイの大きくて、黒いクモ、ハワイアンウルフスパイダー(日本語でコモリグモ)。溶岩大地にぴったりの保護色。(ケアウホウトレイルにて)

大きくて黒いクモはハワイにいるのでしょうか?答えは「はい」。何種類かいます。ハワイには227種類以上のクモがいます。その中で154種類は固有種、つまり、ハワイにしかいないものです。固有種で大きくて黒いものがハワイの溶岩大地に生息するウルフ・スパイダーです。直訳はオオカミグモです。(Lycosa species)このクモは巣を作らないで、歩き回ったり、待ち伏せしたりしてオオカミのように獲物を穫ることでその名前が付けられたのでしょう。それからオオカミのように毛が生えているということもあるかもしれませんね。怖そうに見えますが、毒はあまり強くないです。

ハワイのウルフスパイダー。よく見ると卵袋を抱えています。糸でお腹にくっつけるそうです。(ナーパウトレイルにて)

ウルフスパイダーの日本語名はコモリグモです。卵袋を体の下につけて、いつも守っています。産卵したら、子供達が背中に乗って、一月ほどお母さんに育てられます。ハワイのウルフスパイダー/コモリグモはいろいろな種類があり、高山の溶岩大地から洞窟まで生息範囲の広いものです。(洞窟のものは半分視力が退化しています。)

ハッピーフェーススパイダー。まるでにっこりマークが背中に付いているようです。(写真:James Yuen)

ハワイには、怖いクモの反対、とても可愛いクモもいます。固有種のハッピーフェーススパイダーです。背中にまるで「笑っている顔」が書かれているように見えるクモです。(このいわゆる「ニッコリマークグモ」の本当の顔は特に可愛いわけではありません。)これは可愛すぎて、よいハロウィーンオーナメントになりませんね。ちなみにクモのハワイ語総称は「ラナラナ」です。

ハッピーフェーススパイダー(写真:James Yuen)

ハッピーフェーススパイダーTシャツ。ハッピーフェーススパイダーの写真を提供してくれた友達、James Yuenの息子さんにあげました。お父さんみたいに虫に詳しくなるといいですね。

ハワイの独特な昆虫の世界のことをもっと知りたい方は、この本がお勧めです。ハワイの昆虫研究にはまだまだ研究余地があるそうです。