マノア滝登山道の整備が続く

マノア・フォールズ・トレイルのこの辺りで何回か滑落事故がありました。

マノア滝登山道の整備が続いています。最も滑落の危険性の高い部分が大分広くなりました。広くするには山道の山側の壁を削ります。削った土と瓦礫を大きいバケツに入れて、そのバケツをロープウェーのようなもので山道の下へと運びます。その土と瓦礫を山道が浸食されているところに埋めています。

土と瓦礫をバケツの中に入れて、ロープウェーで下へ滑らせます。バケツを持ち上げるために穴を開け、その辺に生えている竹を差し、ハンドルを作ります。重たそう。

まだ整備中ですし、今週は相当雨も降りましたので山道がかなりぬかるんでいます。森林局の整備士、ボランティアーで手伝っている囚人たち(囚人ですが、ボランティアーです)が泥だらけになって一所懸命やっています。本当にご苦労様!

ちょっとわかりにくいのですが、整備士がロープウェーに釣り下がっているバケツを山道の上へと引っ張っているところ。

Comments are closed.