スリナムチェリー

昨夜は、毎年恒例マノアの高岩寺の盆踊り(ハワイではBON DANCE)にまりこさん、友だちと行ってきました。

高岩寺の盆踊り09

高岩寺の盆踊り09

お目当ては屋台の食べ物で、いつもは焼きトウモロコシや焼きそばに目を奪われ、あまり目にとめなかった手作りお菓子(クッキーやケーキなど)コーナーで、今年は珍しいジャムを見つけました。スリナムチェリーのジャムです。

スリナムチェリーのジャム

スリナムチェリーのジャム

スリナムチェリーを知ったのは、某料理番組。それ以来一体どんなチェリーなのかと不思議に思っていたところ、なんと近所の散歩道に数カ所たわわになっているのを発見。ちょっといくつか拝借して(すみません…)味見をしてみたところ、今迄食べたことのない美味しい果物でした。果皮が薄く、水分たっぷり、少し渋みのあって、甘酸っぱい味でした。特徴は何より香り。こういう独特の香りのある果物は絶対にジャムにしたら美味しいはず!と、種を植えてちょうど少しづつ苗が大きくなっているところでした。ですので、今回手作りのジャムを見つけ「やっぱりジャムを作る人がいるのだ!」と嬉しくなって思わず買ってしまいました。

スリナムチェリーの苗

スリナムチェリーの苗

スリナムチェリーの「スリナム」は南アメリカのスリナム共和国から名付けられました。スリナム、ギアナ、ブラジルと南米に多く生育している植物で、航海時代にはポルトガル人が南米からインド、そしてヨーロッパにも導入されたそうです。もともと熱帯地方の植物なので、ここハワイでもよく育つのですね。インターネットで調べたら沖縄でも栽培されているそうです。常緑低木で、葉は光沢があり綺麗な木です。マウンテンアップルと同じフトモモ科です。(マウンテンアップルについてはココココでも)

赤いちょうちんのような実は2〜3センチぐらいの大きさです。

赤いちょうちんのようなスリナムチェリーの実

赤いちょうちんのようなスリナムチェリーの実

科名:フトモモ科
学名:Eugenia uniflora
英名:Surinam cherry, Cayenne cherry
他:ピタンガ、スリナムチェリー、ブラジルチェリー

私もいつかジャムにという野望を抱きつつ、がんばって苗を育てようと思います。

これは盆踊りのちょうちん(高岩寺/マノア)

これは盆踊りのちょうちん(高岩寺/マノア)

Comments are closed.